2015年03月18日

彼岸の入り

お彼岸

今日は、彼岸の入りです。

お彼岸とは、サンスクリット語の『波羅密多』から来たもので、煩悩と迷いから
悟りの世界(彼岸の境地)へ到達する事らしいです。
そして、一般的には仏壇やお墓を掃除し、供物や供花をお供えし、お念仏の教えにあう事だと言われています。
春分の日は太陽が真西に沈むので、西方にあると言われている極楽浄土とこの世が交わる日と考えられていて、
極楽浄土に最も心が通じやすいとされるこの時期に、先祖供養して彼岸に到達しましょう・・・・・

春は、牡丹の花にちなんで、ぼた餅を
秋のお彼岸では、萩の花にちなんで、おはぎをお供えします。

春は『ぼた餅』 秋は『おはぎ』というだなんて、日本人のおもてなしにある、季節を大切にする
細やかな心の現れですね。
日本人は、丁寧に生活しているんですね。

3月21日は春分の日
3月24日は彼岸の入りです。

又ぼた餅は、『棚からぼた餅』 『ぼた餅で腰を打つ』など、いずれも『思いがけない幸運に恵まれる』という
意味の諺があるように、ぼた餅は福をもたらすお彼岸のお菓子ということでしょうか・・・・ 
【くうねるところすむところの最新記事】
posted by くうねるところすむところ at 15:03| くうねるところすむところ
最近の記事
カテゴリ